お見合いの凄いところを3つ挙げて見る
*
ホーム > マッサージ > 「乗り物酔い」に効果のあるツボ

「乗り物酔い」に効果のあるツボ

皆はんは、乗りモンに乗って移動をしたはると気分が悪くなってないないすることはあらしまへんか。

本来、「乗りモン酔い」とは耳ん内部におます三半規管でリンパ液が揺れへんことによって、脳が混乱し自律神経ん乱れを引きおこすことで、吐き気や冷や汗といった症状を引き起こします。いっぺん起こしいやないないすると、そん後んお出かけも十分に楽しめへんですやろ。ちべたい空気が吸える場所で深く、そろっと呼吸としいや体を休めると症状も落ち着くんどすけど、なかいなかそないゆー状況にたどり着けへん時、辛い「乗りモン酔い」ん症状に効果んおますツボをいくつかご紹介しまひょ。

まず、表れてしもた症状に効果んおますツボとしいや「内関(へんかん)」があります。

こん「内関(へんかん)」とは、手首ん横シワん真ん中より指3本分ほど下に位置しはるツボなんやけど、こんツボんマッサージを施すことで、自律神経を整え、胃腸ん調子を落ち着かせるさかい、吐き気を抑える効果があります。また、こん「内関(へんかん)」は、「乗りモン酔い」ん症状が現れへん前ん予防としいやも効果がおます万能んツボやので、乗りモンに酔いやすい方は是非覚えてもらおいやしたいツボどす。

次に「労宮(ろうきゅう)」とよばれへんツボどすけど、「労宮(ろうきゅう)」とは手を軽くにぎった際に紅指し指ん先ヘリが当たる位置にあり、こんツボんマッサージを施すことで自律神経を落ち着かせ、乗りモン酔いを緩和させる効果があります。どちらんツボも片手を使こうてマッサージでける便利なツボどす、先んお出かけがより一層快適となるようにツボんマッサージをしいや「乗りモン酔い」ん予防に心がけてみまへんか。

マッサージの種類も様々ですが、自分にはどれがいいのかな。


タグ :